CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
RECOMMEND
猫はしっぽでしゃべる
猫はしっぽでしゃべる (JUGEMレビュー »)
田尻久子
熊本市内の小さな、しかしあの村上春樹も朗読会にやってきた書店、橙書店店主のエッセイ集。本好きなだけにとどまらず、文もすばらしい。
RECOMMEND
ラオスにいったい何があるというんですか? 紀行文集 (文春文庫 む 5-15)
ラオスにいったい何があるというんですか? 紀行文集 (文春文庫 む 5-15) (JUGEMレビュー »)
村上 春樹
その橙書店を訪れた際のことも書かれているエッセイ集。
RECOMMEND
パンダと犬
パンダと犬 (JUGEMレビュー »)
スティーヴン★スピルハンバーグ
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
反転

【今日の園児】

 

(お人形のポポちゃんを小脇に抱えつつ)

園児B「んもぅもぉちゃ〜ん、のこ〜?」

   (訳:ポポちゃ〜ん、どこ〜?)

 

大姉「おっさんが頭にかけたまま『メガネがない。』って言ってるのと一緒だな。」

 

 

 

 

今週頭の3連休最後の日のこと。

 

連休とはいえ、あまりの暑さになにもせず家でゴロゴロしていたわけですが、さすがに最終日になって、

 

(訳:お前はそれでいいのかー!)

 

という声が心のどこかから聞こえてきました。

 

この声はどこから・・・・?

 

アディさん、父は心の声の出所を探しに行ってきますよ。

 

 

 

 

というわけで1人やってきたのが、

 

 

御船町恐竜博物館

 

 

2つ隣の町にある博物館なんですが、日本で3つしかない恐竜専門の博物館なのです。

 

ていうか、

 

日本だけで3つもあるのか

 

というのが正直なところですが。

 

実はこの博物館、兄ちゃんの空手の試合でよく行っていた体育館のすぐ近くなので、これまで何度か行ったことはあったのです。

 

が、それももう7年くらい前になるでしょうか。

 

実は3〜4年前にリニューアルされて、それから行くのは初めてです。

 

当時は何て言うんでしょうねえ、言っちゃ悪いけど

 

 

広めの理科室

 

 

みたいな感じで、よく田舎の金持ちが自分のコレクションを見せびらかすだけのために建てた自宅横の私設美術館みたいなショボい空気のとこだったんですが、これがまあ見事な大変身を遂げておりました。

 

特別展で展示されていた羽毛の生えたTレックスの仲間。

 

 

そういやTレックス(ティラノサウルス)って、我々が子どもの頃は尻尾を地面につけて直立立ちというのがスタンダードな形でしたけど、実は今日の最初の写真みたいに体を水平にして歩いてたらしいですね。

 

そういや、武田信玄や源頼朝と言われてた肖像画が実は別人でしたみたいなのも話題になったり

 

歴史って変わるんだね。

(勉強するんじゃなかった。)

 

 

トリケラトプスやー!(喜)

 

 

 

ギャーギャー鳴いてるロボットもいたりして。

 

 

 

ト、ト、ト、トリケラ三兄弟!

 

 

 

2階フロアからの圧巻の眺め。

(分かりづらいかと思いますが、一体一体はかなりデカいです。)

 

クオリティとしては、東京は上野の科学博物館とまでは言わないまでも、それに近い上手なデザインがされていて、物販含めてリピート率もかなり上がると思われる立派な博物館になっておりました。

 

館の外では化石発掘体験も。(さすがにしませんでしたけど)


 

いやあ、楽しかった。

もっと早く来ればよかったな。

 

さて、今帰りましたよ、アディさん。

 

 

(↓:寝返りを打ったらしいので押してね。)

にほんブログ村 犬ブログへ

 

 

 

 

| - | 22:35 | comments(0) | - |
| 1/1348PAGES | >>